MENU

耳鳴りの原因


耳鳴り(日常的に発生する)とは、大きな音を耳で聞いていないのにめまいが起こるほどの大きな反響音がするものです。

当サイトは耳鳴りに関する情報をまとめているサイトになります。

 

尚、耳鳴りに関する医学的判断は必ず専門医に相談するようにしましょう。

 

耳鳴りの音には

  • 高い音
  • 低い音
  • ジージー
  • キーン
  • ゴーゴー
  • ガサガサ
  • ピー

など、種類があります。

 

耳鳴りの種類によって原因も複数あります。
それによって解消法にも違いがあります。

一般的な耳鳴りが起きる原因


一般的な耳鳴りが起きる原因は

  • ストレス
  • ホルモンバランスの乱れ
  • 自立神経系の異常
  • 病気によるもの
  • 老化
の5つに分けられます。

 

ですが、
実際の耳鳴りは、病院でもなかなか原因が特定できない為
長らく患うケースも少なくありません。
>>1番簡単な耳鳴り解消サプリメント

耳鳴りの音の種類別の原因

耳鳴りの音の種類には様々あります。

 

気圧の変化によって起こる閉塞的な耳鳴りやセミの鳴き声や金属音のような音、ピーという電子音のような音が多いです。

高い耳鳴り

高い耳鳴りの原因とは高齢になったことで起こることが多く、ストレスや突発性難聴の初期の症状と言えます。重篤な場合には脳梗塞の予兆の時もあります。

低い耳鳴り

低い耳鳴りの原因とは耳の中の器官である内耳に何らかの障害によって起こります。中耳炎や突発性難聴、外耳道疾患、外耳炎、メニエール病、耳管狭窄症などが原因となっていることがあります。

メニエール耳鳴り

メニエール病の場合、耳の聞こえの他に回転性のめまいが起こるのも特徴です。

爆発音の耳鳴り

頭内爆発音症候群とは眠る瞬間に何かがドン、といったような、バーンとはじけるような音がします。
原因としてはストレスや日常の慢性的な疲れによって体のバランスが崩れ、神経が興奮し起こります。痛みはありませんが、寝る瞬間ばかりでなく、寝ている間も起こるので、次第に苦痛になることがあります。

 

治療としては頭内爆発音症候群の場合は神経の興奮を抑えることがまず大切です。

 

対処療法が主ですが、ストレスがたまったのはなぜなのか、ということをはっきりさせないと再び頭内爆発音症候群になる可能性があります。
>>耳鳴り対策サプリメントまとめ

最近、耳鳴り原因として急増している自律神経失調症

近年は
ストレスや加齢による自立神経失調症によって引き起こされているものが多いです。

 

この場合
深刻な問題ではないとされますが、長期的につづいてしまうと
耳鳴りそのものがストレスになるため、

 

ストレス

耳鳴り

ストレス

 

といった悪循環になるケースも少なくありません。

 

そもそも自立神経失調症の耳鳴りって?

日常生活で精神負担の総称であるストレスがかかると、人間の活動を促進する神経、交感神経の働きが過剰になります。

 

本来過剰に動いた時には副交感神経が働くことでおさめるのですが、ストレスがかかり過ぎると副交感神経が働きにくくなり交感神経の過剰反応で耳の神経が圧迫された状態になります。

 

更年期障害による耳鳴りの原因

更年期障害による耳鳴り原因とは、痰湿タイプに分類されるものでこれは
ホルモンバランスが崩れることで体内に余分な水分や痰湿、老廃物が溜まるために起きます。

 

痰湿はかなり厄介なもので粘り気のある汚れが溜まってくると血行不良の原因にもなって、耳が詰まって起きます。
>>自律神経に効果的な蜂の子サプリメント一覧

耳鳴り以外の症状

高血圧や肥満、胃のむかつきなどが起きます。

 

これを改善する一番良い方法はホルモンバランスを整えることです。
整えることで余分な水分や痰湿が溜まるのも解消されるので耳鳴りも改善されます。

 

これ以外にも更年期独特のイライラからストレスが溜まって耳鳴りも悪くなることがあります。
この場合はストレス解消の改善策を考えたり、日常生活の改善を行って治療をしていきます。

意外な耳鳴りの原因

耳鳴りになる原因として意外なのが顎関節症です。

 

顎関節症とはあごの骨は物をかむために下あごと上あごが分かれていますが、その間にクッションとなる軟骨があります。
その軟骨がすり減ることであごの関節同士がぶつかり合うことで痛みとなり、その痛みの信号が耳に直結しているため耳鳴りになります。

 

 

そして年齢による耳奥の蝸牛の衰えや、季節の変わり目や天候が崩れているときそして飛行機に乗ったときに起きる気圧変化で耳の奥に負担がかかることで気圧変化の耳鳴りと言って物があります。
どの原因でなったとしても、必ず耳の奥で音がなっているような感覚になったときには座って落ち着き音が無くなるまで深呼吸することがいいです

 

>>>耳鳴りに良い栄養成分

 

 

>>>更年期の耳鳴りに効果的な漢方薬まとめ

16個の耳鳴りが起きる病気


耳鳴りにもいろいろな音の聞こえ方があり、キーンという場合やゴーッという音、あるいはシャーシャという音を訴える患者さんもいます。

 

しかし四六時中同じ音が聞こえていることも少なく、時間とともに音が変わったりとなかなかこれといった症状を訴えにくいこともあります。

 

 

しかしなんらかの病気が関係して耳鳴りが起こっているとして、病名によって分類するとわかり易いかもしれません。
今現在病気を持っている人はもちろん、もしかしたら耳鳴りによってカラダの異常が見つかるかもしれません。

 

耳鳴りが起きる「耳の病気」

まずは耳周辺で起きる病気です。

 

加齢が問題なことが多いですが、若年層でも増加傾向にあります。
これらの耳鳴りは
あくまで病気による症状になります。

 

病気そのものの完治を目指す必要があります。

 

突発性難聴

まず突発性難聴の耳鳴りとはなんだか耳がふさがれて詰まった感じがすることが多いです。
ですからうるさく音がしているというよりは、低い音が聞こえて全体的に聞こえづらいような感覚になります。とても圧迫感があるので、頭が痛くなってくるという人もいます。
>>>意外と多い難聴の種類

急性低音障害型感音難聴の耳鳴り

次に急性低音障害型感音難聴とはその名前からもわかる通り、低周波の音をききとる能力が低下した状態にあります。細菌になって若者にも多いとされているので、加齢によって起こるわけでもありません。ですから急に聞こえづらくなったという方、そして高音にかんしてはそれほど聞こえづらさがないという方は急性低音障害型感音難聴を疑ってみると良いでしょう。
>>>意外と多い難聴の種類

耳管狭窄症

耳管狭窄症の耳鳴りとは耳がふさがっているような感覚があって、それゆえに自分の声が大きく聞こえてくるような症状が見られます。そして同時にめまいもひどくなることがあり、耳に痛みが伴うことも特徴的です。もともとは開いたり閉じたりを繰り返して耳の中の換気をしているような場所がうまくはたらかなくなっている状態となっているので、このような症状がみられるのです。

滲出性中耳炎

子供が痛がって耳鼻科にいくと中耳炎だったというケースも多いでしょう。ただ最近は滲出性中耳炎にかかるお子さんも増えています。鼓膜の更に奥の中耳腔という部分に液体が溜まっていることが原因ですが、痛みや熱を伴わないこともあり、難聴が最も起こりやすい症状のため注意が必要です。

慢性化膿性中耳炎

中耳炎になると耳は鼓膜に穴をあけて膿を出し、炎症を治そうとする自然治癒力を持っています。この時あけた穴は自然に閉じていくはずですが、治りが不十分だったり中耳炎を繰り返していた場合に穴が閉じなくなってこの病気が起こるのです。穴が小さいと症状も軽いですが、大きくなると内耳にも影響が及び耳鳴りが引き起こされ更に聞こえが悪くなるのです。

梅毒性内耳炎

性感染症に関係する梅毒ですが、内耳に発症することもあります。後天的にかかることもあれば母親の梅毒が移ることもあるので、性病を放っておくと子供にも影響があり危険です。

外リンパ瘻

中耳炎でなくてもトイレでいきんだり、鼻をかんだり、海にもぐったりと気圧の急激な上昇により内耳に穴があく場合もあります。それが原因で起こるめまいや難聴・耳鳴りを外リンパ瘻と言います。原因となる動作を避け、早めに治療を行ないましょう。

聴神経腫瘍

耳の中に腫瘍が発生する病気です。良性の腫瘍で成長がゆっくりなので、腫瘍ができてから症状出現まで何年もかかったりします。少しずつ耳の聞こえの悪さなど症状が出てきます。放っておくとどんどん大きくなっていき難聴になったりめまいや耳鳴りがするようになるので、良性とはいえ大きくなりすぎる前に手術で取っておいた方がよういでしょう。

耳管開放症

通常は閉じているはずの、耳の一番奥の耳管が開いたままの状態になった病気です。無理なダイエットや生活習慣の乱れ・ストレスが原因となることが多いです。症状が悪化すると脳まで届き死に至ることもある危険な病気です。

耳垢栓塞

耳掃除のやりすぎもよくありませんが、耳垢を取らずに詰まってしまっても病気になります。ある程度の塊になってしまうと自分で取るのは危険なので必ず耳鼻科で治療してもらいましょう。

鼓膜炎

鼓膜は中耳と外耳の境にありますが、この鼓膜が炎症を起こしている病気です。中耳炎と似た症状ですが、子供よりも20代から40代の女性に多いです。
>>耳鳴り対策サプリメントまとめ

 

耳鳴りが起きる耳以外の病気

耳以外の病気でも症状として耳鳴りが起こることがあります。

 

ラムゼイハント症候群の耳鳴り

ラムゼイハント症候群とは、ウイルスが原因となって起こるもので重症化することもあります。耳にとおっている神経にまでウイルスによって水疱ができてしまう病気なので、これが内耳神経に影響を与えれば聞こえづらさやめまいを引き起こしますし、場合によっては顔面の神経にまでわたってしまい、顔面麻痺をともなうこともあります。ですから耳鼻科のみならず脳神経外科への受診も必要となってくる病気です。

バセドウ病の耳鳴り

そしてバセドウ病の耳鳴りとは20代から30代といった比較的若い世代の女性の方に起こるのが特徴的です。これは甲状腺が関連している病気でほかにものどがはれたり動悸がするといった症状がともないます。そして音は早いテンポで拍を打つようなタイプなのが特徴的といえるでしょう。これはバセドウ病が頻脈になることと関連しているので、まるで脈を打つような音が聞こえてきたら、バセドウ病と考えて良いでしょう。

内リンパ水腫の耳鳴り

最後に、内リンパ水腫の耳鳴りとは耳鼻科の病気でも原因が不明なことが多いといわれています。また、複雑な原因がからんでいることもあります。しかし最初に突発性難聴を起こしていることも多いことからわかるように、高い金属音のようなキーンとした音が続くというよりは耳が詰まったような感覚がして、聞こえづらさやボーンというような感覚が先に来ることが多いとされます。内リンパ水腫によるものは突発性のものから数十年という長い間隔を置いて発生を繰り返したりすることもあります。

メニエール病の耳鳴り

そして、メニエール病の耳鳴りとは多忙やストレスにさらされている人に起こりやすいともいえます。グルグルと天井が回るようなめまいがしたり、それとともに吐き気やおう吐も伴うようなときにはメニエール病の耳鳴りが疑われます。耳鳴りの音としてはキーキーと言ったり、ジージー、シャーシャーなどというタイプが多いです。そしてメニエール病の耳鳴りの場合はこれらの音が不規則に繰り返されるのも特徴といえるでしょう。

副鼻腔炎

>>>蓄膿症で耳鳴りになる理由

VDT症候群

病気ではありませんが、耳鳴りが症状にあります。
>>>VDT症候群での耳鳴りについて

 

耳鳴りが発生する病気はさまざまです。
子供がかかる場合も多いので、呼んでも振り向かなかったり耳に手をやることが多かったりといった症状を感じたら早めに病院で診てもらったほうがよいでしょう。
>>耳鳴り対策サプリメントまとめ

 

耳鳴りの治療方法

一般的に耳鳴りの症状は、突然ピーやキーンといった音が聞こえてきて数秒したら消えていく状態のことをいいます。
人間の生理的な働きのひとつで、何かのバランスをとっているときにこのような音を一時的に感じさせるものだと考えられています。

 

しかし耳鳴りが何日あるいは何ヶ月もなり続けているという場合があり、そんな慢性的な耳鳴りを治療するためには原因によって治療していく必要があります。

 

耳鳴りの治療には耳鼻咽喉科に行きます。

 

糖尿病や心臓病、高血圧などが原因となっていることも考えられるので
診察してもらうようにしましょう。

 

症状や治療方法はさまざまで、耳鳴りの悩みで病院に行った場合に多い病名としては
先述した

  • 「突発性難聴」
  • 「メニエール病」
  • 「急性低音障害型感音難聴」
があげられます。

 

今のところ医学的には原因不明のため、確立した結果の出る治療法がないとされています。
しかし、緩和することはできるため治療するときにはそれらの治療法が試されています。

 

耳鳴りの投薬治療

耳鳴りの投薬治療とは、耳鼻科の検査で耳の病気が確認されない場合に行なわれます。
>>>耳鳴り薬のジャンルについて

 

一般的にはメチコバールやアデホスコーワ、ストミンAなどの薬が処方されており、正確には耳鳴りを止める薬ではなく血流を改善したり、自律神経や末梢神経を整える、精神安定を目的としたものが処方されます。

 

突発性難聴やメニエール症など病名がはっきりしている場合には、病気に合わせた薬の療法が行なわれます。
>>耳鳴りで薬は飲みたくないなら?

メチコバールの耳鳴りへの効果と副作用

耳鳴りの治療で必ず処方されるのがメチコバールです。
メチコバールとは、ビタミンB12系統のお薬です。
ビタミンB12は、細胞の発育や機能を正常にするためにかかせない栄養素です。
メチコバールの耳鳴りへの効果とは、耳の中の血液の循環をよくして
耳鳴りを解消することです。
普通のビタミンB12よりも抹消神経に対して優れた作用を発揮するため
耳の中の神経の働きを助けるために用いられるようです。
ただし、あくまでも神経機能回復の補助剤として処方されますので
食生活の中でもビタミンB12を積極的に摂るように心がけましょう。
耳鳴りへの副作用とは、軽い胃の不快感や吐き気などです。
メチコチコバールは、水溶性ビタミンなので摂りすぎても体に害はありません。

デパスの耳鳴りへの効果と副作用

デパスは、エチゾラムという成分の薬で、抗不安薬としてよく使われています。しかし、デパスは、耳鳴りの治療にも使用されることがあります。耳鳴りの原因には様々な要因がありますが、ストレスや不眠が原因になることもあります。デパスは、効果の発現までにかかる時間が短く、即効性のある抗不安薬です。また、デパスには筋肉のこわばりを抑え弛緩させる働きがあるため、昔から肩こりの治療に使われてきました。筋肉が固くなり、血流が悪くなることで、耳の中の水分のバランスが悪くなり、耳鳴りが起こりやすくなるとされています。デパスの耳鳴りへの効果とは、不安やストレスを取り除くはたらきと、筋肉のこわばりをほぐすはたらきの、二種類が考えられます。一方、耳鳴りへの副作用とは、眠気や倦怠感といったものが挙げられます。そのため、服用後は車の運転など危険を伴う作業は避けるようにしましょう。

アデホスコーワの耳鳴りへの効果と副作用

アデホスコーワは、アデノシン三リン酸二ナトリウムという名称の成分が含まれる薬です。これは、元々体内に存在する物質で、糖質や脂質、たんぱく質などの代謝に関わる、いわば体内のエネルギー生産を担う物質です。この、エネルギー生産の働きにより、血管を拡張させ、様々な臓器や組織の血流量を増加させる働きがあります。アデホスコーワの耳鳴りへの効果とは、この血流量増加作用が関わっています。アデホスコーワにより血流が改善することで、リンパ液のバランスが整い、耳鳴りに効果があるとされています。では、アデホスコーワの耳鳴りへの副作用とはどのようなものがあるのかということですが、アデホスコーワは、元々体内に存在する成分からできており、副作用はほとんどなく、非常に使用しやすい薬とされています。

マイスリーの耳鳴りへの効果と副作用

耳鳴りなどで、入眠が悪く、睡眠不足や睡眠障害の人が服用する薬として知られる「マイスリー」ですが、実際のところ、耳鳴りへの効果とはどの程度あるのでしょう。また、マイスリーの耳鳴りへの副作用とはどういったものが考えられるのでしょうか?
耳鳴りの原因として、睡眠不足や肉体疲労などもありますので、マイスリーなどによってスムーズな睡眠を得る事は一定の効果があります。しかし、継続的に服用する事で、耳鳴りを悪化させてしまう場合もあるのです。
本来は睡眠中は消化などの内臓の働きが活発になる時間です。しかし、睡眠薬の影響で胃腸の動きが鈍くなり、
同じ一本の管で繋がっている、耳などにもその影響が出てしまう事があります。
一時的に服用する事は効果をもたらしますが、慢性的な服用は避けるべきです。

レンドルミンの耳鳴りへの効果と副作用

レンドルミンは耳鳴りがすることで起こる、不眠を防ぐための睡眠導入薬になります。レンドルミンの耳鳴りへの効果とは、耳鳴りがすることで、夜になっても寝つけないタイプの不眠の時に飲みます。また、入眠時間を短縮させるのと同時に、中途覚醒時間を減少させる効果もあるので、夜中に目が覚めて起きてしまう人にも処方される場合があります。レンドルミンは短時間型の薬のタイプになっており15分から30分くらいで薬が効き始めて、7時間から8時間くらい効果が持続します。耳鳴りへの副作用とはレンドルミンを飲むことで起こります。副作用の症状としては、ふらつきには注意が必要です。これは、レンドルミンに筋弛緩作用があるために起こります。

>>耳鳴りで薬は飲みたくないなら?

 

 

>>>その他の耳鳴り専門治療方法

 

 

>>>耳鳴りへのステロイド治療のメリット、デメリット

 

 

>>>メニエール病に処方される「イソバイド」について

 

 

>>>耳鳴りに使われる漢方薬一覧

 

 

>>>更年期の耳鳴りに効果的な漢方薬まとめ

 

耳鳴りの補聴器治療

耳鳴りの補聴器治療とは、不快な音から患者の注意をそらすことを目的とした音響治療になります。治療音を効くことによって不快な音を意識させないようにして、自然に音に順応させて慣れていくことで上手く付き合っていく方法になります。価格は1つ10万円ほどになります。
長期的に付けることが大切になります。

耳鳴りの鍼灸治療

耳鳴りの鍼灸治療とは、ツボを刺激して気や血液の流れを良くして緩和する方法です。鍼灸をしながら体調の変化を観察して改善を目指します。自覚症状などは回数を重ねる必要があるため、ある程度の出費が必要です。

耳鳴り解消のツボ

最も簡単な改善方法として上げられるのがツボ押しです。

 

耳鳴りに有効なツボとは、

  • 耳の穴付近にある口を開けたときに凹む部分にある聴宮(ちょうかん)
  • 耳たぶの裏側にある翳風(えいふう)
  • 翳風のすぐ下にある耳の後ろにある骨のふくらみから指一本上にある完骨(かんこつ)
  • 手の甲、薬指と小指の付け根から、下にあるくぼみにある中渚(ちゅうしょ)
  • 足の内側にあるくるぶしとアキレス腱の間くぼみ部分にある太谿(たいけい)

などが効果的といわれています。
↓↓小海も有効だと言われています。

 

耳鳴りのストレッチ治療方法

耳鳴りの原因に血行不良があります。

 

耳周辺や頭部で血行不良が起こると体と頭部をつないでいる首や肩に血行不良が起こっている場合があります。

 

首のコリや肩コリは耳鳴りの前兆とも言えます。

 

耳鳴りになった時に首のコリや肩コリが酷い場合は血行不良である可能性が高く、この解消法には首や肩のストレッチをすることで血行を改善し症状が緩和される可能性があります。

耳鳴りストレッチのやり方

自宅でも簡単に耳鳴り対策ができる方法で、やり方は以下の通りです。

耳鳴りする耳に小指を入れて、首を左右どちらかにひねります。

 

改善しない場合は今度は逆側にひねります。

 

これで治まらない場合は反対側の耳に小指を入れて再度首を左右どちらかにひねります。

 

耳鳴りの原因は血行不良が影響していますが、血行不良になる場合はストレスが影響しています。

 

ストレスがあると寝不足や疲労などから自律神経のバランスが乱れ、耳鳴りになります。

 

また耳鳴りの慢性化はストレスが原因でもあります。
ストレスによって血行が悪くなり、肩コリや首のコリが酷くなり慢性化するのです。

 

耳鳴り解消にはストレスをまめに発散することも大切なのです。

 

ストレスによって耳の周りの筋肉が緊張して、耳鳴りになるため、ストレッチで耳の周りの筋肉を和らげて緊張を解くことも必要です。

ストレスも解消!耳の周りの筋肉をほぐす効果があるストレッチのやり方

両肩の力を抜いて、ゆっくりと首を左に回して30秒数え、ゆっくりと元に戻して、首を右に回して30秒数えます。

 

次にゆっくりと元に戻したら首を後ろに傾けて天井をみます。

 

30秒数えて元に戻し、今度は下を向いて30秒数えます。

 

30秒数えたら首をもとの位置に戻します。

 

このストレッチを3回繰り返します。

 

ストレッチをする時間がない場合はツボを押すことも効果的です。

 

ツボは耳の穴付近にある口を開けた時に凹む部分です。

 

耳鳴りの特効薬と呼ばれるほど効果があるツボです。

 

他にも耳たぶの裏側のツボや、耳の後ろにある骨の膨らみから指1本上にあるツボなどがあります。

耳鳴りの検査方法

病院での耳鳴りの検査方法は多くの検査があります。

 

ざっくりですが
検査に行くと以下のことが聞かれます。

  • 耳鳴りの開始時期
  • 左右、どちらの耳に起きているか
  • 音の種類(キーンやギーなど)
  • 音程は変わるか?鳴っているのは1つだけか?
  • 音の大きさ
  • 耳鳴りが悪化するタイミング
  • 私生活への悪影響
  • 持病や病歴、今、服用している薬

 

 

実際の検査は医院により差がありますが

  1. 耳管機能検査
  2. 耳管通気法
  3. ティンパノグラム
  4. ラウドバランス検査
  5. ピッチマッチ検査
が一般的です。

 

カテーテルを鼻から入れて耳の穴を覗いたり、鼻や喉に炎症がないか、また、血液検査や血圧測定、脳や、耳、首の骨などの画像検査などが行われます。

 

その他に耳の機能を調べるために、防音室の中で器械から出される音に対しての反応で左右の聴力をどの程度なのかを調べます。

 

どの程度聞き取れるのかを調べることで耳鳴りと難聴とが一緒に起きている場合が多いのでこの防音室での聴力検査が行なわれるのは一般的です。
また、バイブレーターを当てて空気を伝わる音や、頭蓋骨に伝われる音を測定することもあります。

 

このように耳の機能を調べたり、難聴があるかどうかを調べたり、骨の異常などにより起きる場合や腫瘍などの病気の場合もあったりするのでX線検査やCT検査、MRI検査などをしたり、耳鳴りの程度などを調べることで、耳鳴りの種類や原因を特定していきます。

 

 

耳鳴りの音が気になってくるとそればかりを気にして気分がすっきりしません。
それが聞こえているのが本人だけだということも不安に感じるものです。耳鼻咽喉科へ行くのが良いとわかっていてもそれを医師にどのように伝えるといいのかと考えてしまいます。耳鳴りの症状にもいろいろあり、そのレベルも耳鳴りだけとか、それに難聴も感じられる時とか、一緒に頭痛やめまいも感じるような時もあります。また、耳鳴りの起きている時間が普段はないが、静かな時に感じるとか、いつもしているが何か物事に集中していると忘れているとか、その耳鳴りの音が大きくて他の人の話し声が聞こえないほどや、それにより睡眠不足になってしまうほどなどがあります。多くの人は疲れているからかも知れないとか、最近ストレスが多くて溜まってしまったのかとしばらく様子をみてみようと考えることが多いです。しかし、耳鳴りの状態がしばらく続いている時には医師に相談をするのが良いです。耳鳴りの辛い感じを我慢することで、より、それを感じてストレスとなってしまいます。

 

耳鳴りサプリメント

耳鳴りではあくまで症状になります。

・病院でも原因や治療法がわからなかった

 

・そもそも病院へ行くほどでも

 

・薬は飲みたくない

 

・夜だけでも耳鳴りが治まれば

 

といった理由から、

 

「まずはサプリメント(健康食品)を試してみよう」

 

という方も増えています。

 

耳鳴り対策といえば蜂の子と言われていますが
価格や飲みやすさも踏まえて、続けやすいものを選ぶことが大切です。
>>>蜂の子の効果(みつばち健康科学研究所)

 

※以下のランキングは売上順になっています。

 

低分子明澄蜂の子プラスDHA

 

 


一粒1.2cm

 

【特徴】

  • 1日2粒あたり蜂の子1000mg配合
  • 特許製法「低分子化」でNO1の吸収性
  • 栄養価の高い生後21日めの蜂の子(オス)のみを配合
  • 認知症予防のDHAEPAも配合

【商品データ】

  • 100名限定・初回無料キャンペーン中

>>公式キャンペーンページで詳細を見てみる

 

蜂の子800

  • 1日4粒あたり蜂の子800mg
  • 特許取得の飼育法
  • 2段階酵素分解にて低分子化

【商品データ】

  • モニターキャンペーン中

>>初回モニターキャンペーンの詳細を見てみる

 

花菜(はんな)の厳選蜂の子


【特徴】

  • 1日3粒あたり750mg配合
  • クアンソウ(睡眠改善)・イチョウ葉エキス(酸化防止)・ナギイカダ(免疫力UP)も配合

【商品データ】

  • 500名限定キャンペーンあり

>>500名限定キャンペーンの詳細を見てみる

 

ピックアップ

蜂の子ではありませんが、第3類医薬品のロスミンローヤルが耳鳴りに効果があります。

 

本来
ロスミンローヤルは国内唯一
シワやしみに効果があると認められた医薬品
テレビなどでも多く取り上げられている商品です。

 

ですが。。。

 


その効果効能の中に耳鳴りがあるのです。

 

美容面・耳鳴り面、ダブル効果を期待しての購入が増えています。

 

 

今だけ1900円キャンペーン中です。
>>https://ainz-tulpe.com/キャンペーン

 

その他、耳鳴り対策サプリメント

蜂の子ではありませんが、耳鳴り専用です。

 

美聴泉

 


【特徴】

  • 製薬会社によるサプリメント
  • 全額返金保証あり

>>公式サイトで詳細を見てみる

 

静命漢方堂の「耳鳴り・めまいに聴く漢方薬」


【特徴】

  • 医療費控除対象「第2類医薬品」
  • 耳鳴り・めまい専門店
  • 90日返金保証つき

>>公式サイトで詳細を見てみる

 

ミミナリラックス


【特徴】

  • 4つの天然成分
  • 原料レベルの安全性
  • ネット限定コースあり

>>公式サイトで詳細を見てみる