MENU

耳鳴りの薬物療法

耳鳴りの病気は、周囲では音が出ていないのに、自分で音が聞こえる状態です。

 

耳鳴りの原因はまだ、はっきりとはわかっていませんが、多くはストレスによる自律神経失調症や顎関節のゆがみが原因と考えられています。

 

また、免疫力の低下によって、内耳が細菌に感染して発症するようなウイルス性のものが原因も最近では指摘されています。

 

耳鳴りの治療方法は、主に薬物療法が行われています。それぞれの薬剤の説明は以下のものとなります。

 

抗不安薬の耳鳴り改善効果

不安や緊張を和らげて、自律神経を安定させて、症状を抑えます。抗ヒスタミンの耳鳴り改善効果は、精神安定作用があり、耳鳴りへの即効性があります。乗り物酔いの成分にも使用されています。

抗めまい薬の耳鳴り改善効果

神経の興奮を抑えて、脳や耳の末梢神経の血流を良くすることで、症状を抑えます。抗鬱薬の耳鳴り改善効果とは、何もする気が起こらないような無気力な状態の場合に気力回復の効果があります。

副腎ホルモン薬耳鳴り改善効果

体内の代謝をよくして炎症を抑えます。短期で使用します。末梢神経拡張薬耳鳴り改善効果は、末梢血管の血流を良くして、脳や耳の代謝を良くする働きがあります。

自律神経薬の耳鳴り改善効果

自律神経の中枢部に作用して、自律神経の乱れを改善する働きがあります。自律神経の0働きを整える作用により、症状が緩和されます。睡眠薬の耳鳴り改善効果とは、耳鳴りに悩まされていて、不眠状態に陥っている殻に使用することで、不眠と症状の緩和につながります。

 

 

患者様の症状や状態に合わせて、これらの薬剤を組み合わせて使用して、状態の様子を見ます。

 

患者様によって、同じ症状であっても、合う薬合わない薬があるので、注意して診る必要があります。

 

 

耳鳴りの病気は放っておいても、治癒は見込めない病気です。

 

 

少しでも耳に違和感を感じたら、躊躇せずに耳鼻咽喉科などの医療機関に受診することをお勧めします。