MENU

イソバイドは利尿作用がメイン

原因不明で突然発症する耳鼻科系の病気として良く知られる「メニエール病」は耳鳴りやめまいをともない、患者にとっては、非常に不快な上に、運転などをする事を制限されますので、生活にも支障を来すケースがあります。

 

 

原因不明と言われる「メニエール病」ですが、その要因の一つとして、ストレスが挙げられています。

 

仕事や、生活、家庭問題など、様々な場面でのストレスが影響して、耳の内耳部分に内リンパ水腫と言うものが出来るのが原因なのではないかと言われています。

 

しかし、まだまだ、メカニズムが解明されていない部分もあり、一度、発症してしまうとなかなか完治が難しい難病でもあります。
一日中耳元でなっている耳鳴りや、内側からグルグルと感じられるめまいは、精神面にも大きな影響を与えるので、少しでも改善したいと願うのは当然の事です。

 

メニエール病の耳鳴りやめまいなどの症状が起こった時に、耳鼻科を受診すると、多くの場合「イソバイド」という薬が処方されます。

 

このイソバイドの成分が、耳鳴りの改善やめまいを抑えるのに効果があるようなのですが、実際にイソバイドの効果とはどの程度のものなのでしょうか?

 

 

イソバイドは利尿作用を促す作業があるので、これを服用する事により、内耳にたまった水を排出し、耳鳴りやめまいを抑える効果があります。緑内障の治療などにも使われるイソバイドは、脳圧や眼圧を下げる作用も起こします。

 

 

その為、いくつかの副作用がみられるようです。

 

イソバイドの副作用とは、吐き気、寒気、下痢、血圧の低下などがあります。

 

程度がそれほど酷くない場合は問題ありませんが、重い副作用が出た時は、すぐに処方された意思に相談すべきです。