MENU

難聴は多種類


声や物音が聞こえない、もしくは聞こえにくい状態を「難聴」と言いますが、難聴とは聴覚が低下した状態でありコミュニケーションが取れなくなるなど日常生活にも支障が出てしまいます。
また、一言に難聴と言ってもその原因は様々です。

 

伝音性難聴

音が耳内部の炎症や腫瘍などによるもので、耳を塞いだような状態となります。本来、音は外耳と中耳を通って内耳まで到達することで認識できるものですが、耳内部を圧迫することで内耳までの通路が塞がってしまうことで発生します。

 

主な対処法は補聴器です。

感音性難聴

前述の伝音性難聴とは異なり、内耳には届いているのですが「音」として認識できない症状です。また、「人ごみの中で会話中の相手の声が聞こえない」といったものや「高音だけが聞き取れない」など症状は人によって様々です。

 

原因は加齢や騒音、神経の病気などであると考えられています。

混合性難聴

伝音性難聴と感音性難聴の両方の症状が出るものです。

 

音が聞こえない、または小さく聞こえる上に音として認識するのが難しい状態となっています。

 

主に伝音性難聴が重症化し、神経障害を発症していると考えられています。

 

症状の度合いによっては薬物療法や手術が有効とされています。

老人性難聴

文字通り加齢に伴うもので、神経の障害などが原因で内耳への音の伝達がスムーズに行えない状態です。

 

また、内耳蝸牛の感覚細胞や血管の障害が原因であるともされており、これらが複数発生している場合もあります。

 

老人性難聴では主に高音域から聞こえなくなり、初期症状では耳鳴りだけの場合もあります。

 

対処が遅れると通常の会話音も聞こえなくなるので早期対応が必要となります。

 

しかし、老人性難聴は生理的なもので治療方法がなく、補聴器を使うのが一般的です。

突発性難聴

内耳に何かしらの障害が発生し、突然難聴の状態となる症状です。

 

重症化するとめまいも起こすもので早急の対応が必要です。

 

ウイルス感染などが原因とされており、症状にあわせた薬を服用することで改善するとされています。

外リンパ瘻

中耳と内耳の間にある内耳窓に小さな穴があくことで発症します。

 

こちらもめまいを起こすこともあるもので、中耳圧の急激な上昇が原因と考えられています。

 

鼻をかんだり水中に潜ることなどが主な原因とされており、心当たりがある場合はそれらの活動をやめ、耳鼻科を受診して適切な処置を受ける必要があります。

ヘッドホン難聴

大音量の音楽などをヘッドホンで聴き続けることで発症するもので、イヤホンを利用している場合はイヤホン難聴とも呼ばれます。
発症後1週間以内の治療が必要で、2週間以上治療が遅れると治癒率は大きく減少するとされています。

小児難聴

新生児などに見られる難聴で、主に「先天性」と「後天性」の2種類に分けられます。

 

大半が後天性とされており、風疹や梅毒などの感染症、または早産や薬害なども考えられています。

 

神経性難聴とは神経にできた腫瘍などが原因とされ、伝音性難聴や感音性難聴と診断される場合もあります。

 

神経の部位によっては耳鼻科、もしくは脳神経外科の受診が必要となります。