MENU

耳鳴りも肩こりもは危険?

肩こりに悩まされてしまうと、痛みによりストレスが溜まり、また寝る時も痛みがでてしまうと、なかなか寝付けないなどの状態になってしまうことがあります。この状態が続くと、睡眠不足になり、疲労も溜まりやすくなります。

 

原因

耳鳴りがする原因には、いくつか考えられますが、精神的、また肉体的疲労によるものも原因の一つと考えられていて、耳鳴りと肩こりが併発原因とは、ストレスや疲労が溜まることにより併発する可能性も考えられます。

 

対策

耳鳴りと肩こり対策とは、まず、肩の痛みをとるために、ストレッチやマッサージなどで、筋肉のこりをほぐしていくといいでしょう。筋肉のこりが改善されることで、血行もよくなり、頭痛予防にもつながります。

 

 

また、ストレスが溜まる場合でも耳鳴りの原因となってしまうため、自宅にいる時はできるだけリラックスできる環境を整えるといいでしょう。静かな部屋でのんびり過ごしたり、またお風呂に入ることで、体を温めることになり、リラックス効果も期待できます。

 

 

また、筋肉の緊張も適度にとれるので、お風呂あがりにストレッチやマッサージをするのも、肩こりを解消するには有効な手段といえるでしょう。

 

 

また、睡眠が不足してしまうと疲労が解消されません。
肩こりがある程度収まっても、耳鳴りが気になって寝付けないと悩んでいる方は、寝る時に耳鳴りが気にならないようにするため、音楽を少し音を小さくしてかけてみるといいでしょう。

 

 

静かな部屋で寝ようとすると、キーンという耳鳴りがしてその音に集中してしまうと、なかなか眠れないこともあります。その場合には、あえて音楽を聴くことでそちらに意識を集中させることで、耳鳴り対策することでスムーズに眠ることができる場合があります。