MENU

高血圧だと耳鳴りは確実?

様々な生活習慣病の原因として、数多くの中高年の方が指導を受けている高血圧は、頭痛、目まい、肩こりなど様々な症状を引き起こします。
実は、耳鳴りもその一つで、「キーン」という金属音のような不快な音や、ザーザーという雑音が耳の奥で響くのがその特徴です。もちろん、高血圧の方が全て耳鳴りの症状に悩まされるわけではありませんし、耳鳴りがあるからと言って、必ずしも高血圧であるとは限りません。

 

しかし、上記のような症状が続くようでしたら、高血圧を疑ってみた方がよいでしょう。

 

 

高血圧耳鳴りの原因とは、耳の辺りを流れる血液の血流障害によるものと考えられています。

 

高血圧になると、血管が圧迫され、血行が悪くなります。耳のそばを流れている頸動脈などに血流障害が起きると、その音を耳がキャッチしてしまうのです。ちょうど、何かのパイプやホースの中を水が流れている時に、パイプやホースが詰まったり、指で圧迫されたりしている様を思い浮かべてください。何の障害もなく流れている時には水は音をたてませんが、詰まったり、圧迫されたりすると、振動や雑音を発するようになります。

 

 

これと似たようなことが、耳のそばを通る血管で起こっていると考えていただければよいでしょう。

 

 

血行が悪くなるとますます血管が狭くなってしまい、よけいに血流を阻害してしまいます。
血流が悪くなるとさらに、と悪循環に陥ってしまうので、耳鳴りが聞こえたら、高血圧が悪化してきたのもかも、と注意が必要です。

 

 

では、その恐い高血圧耳鳴りの解消法にはどのようなものがあるのでしょうか。
高血圧耳鳴りの解消法とは、一言で言ってしまえば、高血圧を改善する、これにつきます。

 

 

降圧剤などを服用すると、一時的に耳鳴りが聞こえなくなるようですが、降圧剤は血管や血流の状態を根本的に解決してくれるわけではありません。これらの状態を改善しなければ、最終的には耳鳴りを解消することはできないのです。逆に、降圧剤が効きすぎることで、耳鳴りが起きる場合すらあります。

 

 

やはり、食生活を見直し毎日運動したり、禁煙を実行するなど、日頃の生活習慣を改め、高血圧そのものを改善しましょう。また、ストレスをためないよう注意することも大切です。そうすることで、血管や血流の状態が改善され、不快な耳鳴りの症状ともきっとおさらばすることができるはずです。

 

 

高血圧は動脈硬化や心筋梗塞など、恐ろしい病気の引き金になります。高血圧をしっかりと改善することで、耳鳴りから、そして生活習慣病からも別れて、快適な生活を送りましょう。